春蝉を聴きながら…

f0175998_00180963.jpg






f0175998_00182861.jpg



f0175998_00270781.jpg



f0175998_00284417.jpg



f0175998_00291393.jpg



f0175998_00294023.jpg

 ハルゼミの声は耳に残る。
 日差しが弱まって、いつの間にか止んでいても…



by a-path | 2017-06-25 00:37 | K-70 | Comments(2)
Commented by masashiw2 at 2017-06-26 20:48 x
初夏、そこそこ標高があって、水の豊かな広葉樹林。
空が高く感じられ、気が遠くなるような、泡立っていくような感じ。
何かが極まっていきそうな印象もあるような、ないような。
小径・神域の先の暗闇も、深い山ふところに誘うようで、好みの雰囲気です。
Commented by a-path at 2017-06-27 00:06
masashiさん、こんばんは。
ここは中信の筑北村という所です。
もしよかったらいつか訪ねてみてください。
上の神社までほんの散歩程度の距離ながら、光の加減もあって仰るような気分が味わえるのですね。
神域の奥の方は今回は遠慮しました。
<< 春蝉を聴きながら… (2) 〈光の在り方〉 >>