<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

窓越しに

 フロントガラスという窓
f0175998_21535350.jpg


More
by a-path | 2008-10-29 22:12 | E-500 | Comments(0)

何故か、

f0175998_2144235.jpg


 この窓を見て(要説明ですね、映り込みなのです。)、一気に過去に引き戻されるような感覚を味わった。
   …練馬区の、団地に囲まれた公園内(の体育館の裏)で。

More
by a-path | 2008-10-28 22:30 | E-500 | Comments(4)

ファーストショット

f0175998_1946571.jpg


More
by a-path | 2008-10-25 09:27 | E-500 | Comments(0)

規格外

f0175998_22172572.jpg
 

 
 先週の火曜日に行ったヨハネス・モーザーのリサイタル。
 若いチェリスト(驚くほど長身だった!)の音楽に元気を貰った(ピアノ:若林 顕、トッパン・ホール)。 すばらしく良く鳴る、しかも引き締まったチェロの音。演奏姿が規格外なら、音だけでも規格外だった。(このチェロの相手を務めた若林さん、大変だったろうな…)
 
 ただ、ショスタコーヴィチのソナタでは彼の音楽が曲と融和しない感があった。彼の武器の弓圧の強さも、過ぎると曲の内容を遠ざけてしまうようだ。
 しかし、ベートーヴェン、ブラームス、武満と、意欲的なプログラムで充分楽しませてくれた。ショスタコーヴィチは私自身ちょっと苦手なのだ。今回の予習のために買ったソル・ガベッタのCDの同曲演奏でようやく少しそのような意識を払拭しかけたあたりの所だったのだ。

 自ずとにじみ出てくる味わいのようなものはまだなく、しかし、欠点すら敢えて隠そうとしないような率直さの魅力。 何故か将来の円熟を信頼できる気がする演奏家だ。…今、早熟な演奏家が多い一方、自然な円熟が難しくなっている中で。


                                         

                                        E-3-ZD14-54mmf2.8-3.5
by a-path | 2008-10-21 22:21 | 音楽 | Comments(2)

優しい色

f0175998_20163381.jpg


More
by a-path | 2008-10-19 22:23 | E-3 | Comments(2)

山間の赤

f0175998_030183.jpg


More
by a-path | 2008-10-18 19:29 | E-3 | Comments(0)

それぞれの秋

f0175998_231210100.jpg


More
by a-path | 2008-10-16 23:33 | E-3 | Comments(0)

秋の肖像

f0175998_2243990.jpg


 深まる一歩二歩手前の秋だったが、
 結構こういう時期が好きだ。

More
by a-path | 2008-10-14 00:21 | E-3 | Comments(4)

秋の断片 (紅葉三態)

 今日は中信のいつものフィールドへ。
 
 紅葉は気分的に何となく避けてきた被写体。
 今回も「そこにあるから」、という感じでカメラを向けた。でも、多種多様な色の中にある、やはり多種多様な赤は目に沁みる。

f0175998_23141655.jpg


 

More
by a-path | 2008-10-12 22:51 | E-3 | Comments(2)

閑けさ増す (その3)

f0175998_18331988.jpg

by a-path | 2008-10-08 00:53 | E-3 | Comments(0)