<   2008年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

逍遥

 神社の裏の山を歩く。
f0175998_1422071.jpg


More
by a-path | 2008-12-31 12:16 | R-D1s | Comments(2)

撮り納め

…のつもりはなかったけど、結果的にそうなりそうです。
 一昨日、群馬で夜9時過ぎに仕事が終わり、翌日の仕事はなかったがそのまま泊まった。
 そして昨日の午前中、埼玉北部の神社で撮影。
 2日前、金曜日の強風とは対照的な穏やかな風が吹いていた。
f0175998_21133866.jpg


More
by a-path | 2008-12-29 20:40 | R-D1s | Comments(2)

私の特徴が出た写真とは…

 遅ればせながら、お世話になっているG-gallery3のふぉ〜すさんの企画、「My photo of the year '08」に参加します。

 ブログを始める前、2月に撮った写真ですがお許し頂きたいと思います。
 
 私は自分の撮る写真それぞれの内容、撮り方、撮影場所などの関連に重きを置くタイプです。1枚では調和の取れた世界を作れないが、断片の集積に徹することもしたくない… そんな意識から。 まだ個人的な思い込みの段階ですが。

f0175998_1104549.jpg
 
 そうした流れの中に置くことが前提ですが、1枚としてまとめる上で意図する所ももちろんあります。これは今回見直しながら見つけた何でもないカットですが、特徴は良く出ている気がします。そして、これからの季節への期待の意味もあって選びました。
 
 ブログを始める時も思いましたが、自分の写真が人の目に触れるというのは怖いことですね…(^^; ふぉ〜すさん、機会を作って頂きありがとうございます。

E-3=ZD14-54mmf2.8-3.5 (絞り優先AE、F6.3、プラス1EV補正、中央部重点平均測光)
 写真クリックで拡大します。
by a-path | 2008-12-28 20:43 | E-3 | Comments(10)

数日前の青空

 何かずいぶん前のような…

 年の瀬は撮る暇がないという方も多いと思います。私も今日の午後の用事が終われば一応休みですが、後へ後へと回してきた雑用も持ち帰らなければなりません。
 年明けは気分も新たに、と行きたいものです。
f0175998_1665375.jpg

by a-path | 2008-12-27 11:47 | R-D1s | Comments(0)

陰と闇

f0175998_2311868.jpg



f0175998_207156.jpg



f0175998_233342.jpg

 時と場所が違う写真を久々に組み合わせてみる。
 
順に、 E-3=ZD14-54mmf2.8-3.5, R-D1s=CS25mmf4, E-500=ZD25mmf2.8
by a-path | 2008-12-22 23:11 | 構成 | Comments(0)

林道で

f0175998_23441233.jpg

 入り口から少し入ったところで。 軽自動車が何とか通れる位の道です。10日、桐生に出張中でした。
 
 師走も後半ですが、いよいよ写真の仕入れが難しくなってきました。今日は1日休みですが、完全休養日です(笑) こういう日も貴重ですね。
 でも年賀状やらないと。 (遅い…)
by a-path | 2008-12-20 18:43 | R-D1s | Comments(0)

一面の雪を期待した…

 でも日当たりのよい場所は駄目、 木立の陰なら…
f0175998_21594098.jpg


More
by a-path | 2008-12-18 22:03 | R-D1s | Comments(0)

初冬、 山麓風景

f0175998_050127.jpg


More
by a-path | 2008-12-17 22:29 | R-D1s | Comments(0)

久しぶりに…

良く聴いているCDをご紹介します。
 
 1980年代~90年代に活躍したナイトノイズ(Nightnoise)は、ピアノ、ギター、ヴァイオリン、フルート、フィッスルという民族的な縦笛、ハーモニウム、シンセ、ヴォーカルなどを適宜に用いたアンサンブルを聴かせるグループ(メンバーは4人)だ。当時人気レーベルだったウィンダム・ヒルからいくつかCDが出ている。手っ取り早い情報源として個人サイトでの詳細な紹介あたりが頼りになる。アイルランド色を適度に加えつつ単純な楽想を見事にアレンジし、レコーディングで徹底して作り込んでいく音楽づくり。背景に回るパートまで吟味が行き届き、多重録音なども加えるが無駄な音がなく、何より楽器の腕が確か。そうしたことがさりげなさと豊かさを音楽に与えている。
 

More
by a-path | 2008-12-14 14:54 | 音楽 | Comments(0)

日陰の道で

 《♯》
f0175998_14175062.jpg


More
by a-path | 2008-12-12 23:08 | R-D1s | Comments(0)