私の特徴が出た写真とは…

 遅ればせながら、お世話になっているG-gallery3のふぉ〜すさんの企画、「My photo of the year '08」に参加します。

 ブログを始める前、2月に撮った写真ですがお許し頂きたいと思います。
 
 私は自分の撮る写真それぞれの内容、撮り方、撮影場所などの関連に重きを置くタイプです。1枚では調和の取れた世界を作れないが、断片の集積に徹することもしたくない… そんな意識から。 まだ個人的な思い込みの段階ですが。

f0175998_1104549.jpg
 
 そうした流れの中に置くことが前提ですが、1枚としてまとめる上で意図する所ももちろんあります。これは今回見直しながら見つけた何でもないカットですが、特徴は良く出ている気がします。そして、これからの季節への期待の意味もあって選びました。
 
 ブログを始める時も思いましたが、自分の写真が人の目に触れるというのは怖いことですね…(^^; ふぉ〜すさん、機会を作って頂きありがとうございます。

E-3=ZD14-54mmf2.8-3.5 (絞り優先AE、F6.3、プラス1EV補正、中央部重点平均測光)
 写真クリックで拡大します。
by a-path | 2008-12-28 20:43 | E-3 | Comments(10)
Commented by ふぉ〜す at 2008-12-28 21:39 x
トラックバック企画「My photo of the year '08」ご参加ありがとうございます。

南国に住んでますので「雪」の写真は殆ど撮った経験がないのですが、白の世界なのに階調豊かですね。
冷たい雪なのに暖かさを感じるお写真だと思います。
雪の粒と言うか、斜面の凹凸も良く出てますね。

ブログは勝手にアップして勝手に見て貰うだけなんですが
今回は「My photo of the year '08」と枕詞が付きましたので、余計にアップする写真、緊張しますね。
でも、自分の思いとは別に、色んな方の「見方」も中々参考と言うか勉強になりますね。
宜しかったら、他の参加者の方にコメントいれて頂ければ
自分の写真の印象も聞ける事と思います。
トラックバック参加と言う事で、普段いきなりコメント書くより
挨拶しやすいと思います(^^)
どうぞ、トラックバック企画お楽しみください♪
我が愛機の方もご参加いただけると嬉しいです!
Commented by nama3 at 2008-12-28 22:03 x
 はじめまして、ふぉ〜すさんのトラバ企画からやって来ました。
良いですね~、この雪の質感。昔、冬山に登っていましたので、
その頃感じた雪が蘇ります。もう、冬山に登ることはないと思い
ますが、この写真を見て、雪の風景を撮りたくなりました。
Commented by KUZU at 2008-12-29 00:09 x
はじめまして&こんばんは!

同じくふぉ〜すさんの企画に参加しているKUZUと申します。よろしくお願いします。

私の実家も雪国です。せっかくデジイチを手に入れたのですから、この雪の持つ質感や雰囲気を、どう写真に残せるか考えています。これからの時期、実家に帰ればたくさん写真が撮れそうなので、とても楽しみでもあります。
Commented by a-path at 2008-12-29 09:26
ふぉ〜すさん、おはようございます。
いや、見直してみても、これしかないの?みたいなのばかりで…
当分はアンチ・インパクト路線(ということにしてます)で行くしかないと思ってますがお付き合いください。
ふぉ〜すさんならではの企画、楽しませて頂きます。

それと、雪はいいですよ~ お忙しいでしょうが機会があったら遠征してみてください。
Commented by a-path at 2008-12-29 09:46
nama3さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
昨冬は寒さを衝いて出かける元気がありましたが、今年の冬は出動回数が減るかも… と少し不安。でも行けば写真云々を超えて満足が得られます。
アクセスが楽な所でも結構撮れる場所があると思いますよ。私はそういう所しか行きません(笑)

nama3さんのブログを拝見して驚くのは、行動範囲の広さと関心の対象の幅広さ。 そして、もしかしたらお住まいは案外近所かもしれません。
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by a-path at 2008-12-29 10:11
KUZUさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ブログを拝見したら、愛機がE-500なのですね。私もこの秋導入しました。14-45との組み合わせは友人が使っていますが、高額レンズも顔負けの写り。デザインも最高だと思います。
私は埼玉に住んでいるので、雪景色は長野や群馬に撮りに行っています。ご実家周辺で撮られるなら気負わずに撮れていいですね。収穫を拝見するのを楽しみにしています。

また時々こちらも覗いてやってください。
Commented by yy2828yy at 2008-12-30 08:35
a-pathさん、
雪が好きな割に、街から出ていくのがキライなモノグサな性質のせいか、あまり雪を知りません。
すぐにビショビショになるのが降っても喜んでいる有様。

この一葉は、まさに眼福得たというべき・・
パウダースノーかという超絶の質感。
そして、雪は光の質や量により、色が変わることを教えてくれます。
奥の影に連なる穏やかな凸。
それぞれの面がレフの役割をしているような光の微妙な動きにも目を惹かれます。
Commented by a-path at 2008-12-31 01:59
yy2828yyさん 
長野の中信地方で撮った写真なのですが、この辺りの新雪は手で触れずにはいられないほどすばらしい雪質です。
この写真を撮った時は降ってから1日ほど経っていたのですが、さらさらの部分を主体にやや水を含んだ部分、少し固まりかけた部分なども混在していました。
この1か月前に行った時は雪質がもうひとつだったこともあり、余計に心躍りました。

おっしゃる通り、光の質や量によって見え方は無限なんですよね。
影や動物の足跡もさりげなく脇役の役割を果たしてくれます。

私にとって、撮ること自体が至福といえる被写体は他になかなかないような気がします。
丁寧にご覧頂きありがとうございます。
Commented by emlu at 2009-01-01 22:39 x
雪の陰影と質感がよく出ていますね。また雪そのものの美しさだけでなく、このお写真は「雪の下にある存在」を写しているような気もしました。雪からのびる枯れ草、雪に開いた穴、雪の盛り上がった形がそう思わせるのかもしれません。
a-pathさんのお写真からは単なる「綺麗」さだけでなく、「写っているものの背後にある見えない存在」を感じることが多いです。(評論じみた事を申し上げてすみません)

本年も、素敵な「小径」を楽しみにしております。
Commented by a-path at 2009-01-02 09:41
emluさん、ありがとうございます。
大変過分な言葉を頂いています。
でも、自然の中にあるものは人工物を含めてすべておっしゃることが当てはまる気がします。そういうものが写せればいいですね…
そして、雪はそういうものを暗示するためにあるような気さえしています。
最近もある方のブログでモノクロの雪の風景の写真を見て魅せられたばかりです。

今年もemluさんにはお写真や言葉でさまざまな「きっかけ」を与えて頂けそうで嬉しいです。
<< 撮り納め 数日前の青空 >>