問い

f0175998_1105472.jpg

 遅々として進まない、河川敷の公園シリーズです。


 この写真の左奥から向かってくる子供たちの一団とこの後すれ違う。
 さらにその後、お互いに移動しながら、彼らともう一度出会わすことになる。
 すると、レンズの方向を窺いながら、口々に「何か居るの?」と聞いてくる。
 「何も居ないよ。」と答えると、「何も居ないって。」と少し非難めいた口調で何人かが言い合っている。
 すると、小学校高学年くらいの、一番年長の子がおもむろに口を開いていわく、
 「風景写真ですか。」

 思わず、顔をまじまじと見てしまった(笑)
by a-path | 2012-06-04 01:39 | E-500 | Comments(2)
Commented by NeoN at 2012-06-06 16:14 x
いいなあ、この会話。
もう、こんな会話できたら、そこで一発「君たちを撮りたい!」と発してしまいますね。
風景写真・・・すごーくがんばって出てきた言葉なのかな。打ちの娘からはそんな立派な言葉はでないです。
Commented by a-path at 2012-06-07 08:52
NeoNさん、おはようございます。
そこで、彼らを撮らせてもらわなかったのは、私の不徳の致すところです。
それ以前に、「何も居ないよ」も反省せねば、と(笑)
「風景写真」予想もしない言葉でした。
彼らは魚を掬ったり、虫を捕ったりに夢中の様子で。
この年代の子達は本来そうなんですよね。
<< 湿度 久しぶりに、 >>