まだ草木の青さあり

f0175998_22341324.jpg






 大豆(枝豆?)畑のお蔭が大きい(笑)
f0175998_22343859.jpg



f0175998_22351027.jpg



f0175998_22354534.jpg

 そう、結局また信州に行ったのです。
by a-path | 2012-09-11 23:14 | GXR | Comments(4)
Commented by KUZU at 2012-09-12 19:26 x
大変ご無沙汰しております。
いやぁ、もうすっかり筆不精で(汗

いつになったら汗をかかなくなるんだ!と外に出るたびに思ってしまいます。
今は写真を撮るときも、じっくり構えていると汗をかくので、サッと構えてパパッと撮って終わりという、なんともお粗末なことをしております。。。
おかげでボツ写真の山が…
Commented by a-path at 2012-09-13 22:20
KUZUさん、こんばんは。 
こちらこそ、ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
朝晩こそ少しだけ涼しくなってきましたが。
このところ、ほとんど月1ペースの撮影になっています…
Commented by yy2828yy at 2012-09-15 10:07
おはようございます。
まさにお題通り、夏が多く残る色合であり気温です。
先のエントリーで少し涼しさを覚えましたが、逆戻りという感じも受けます。
1枚目は、危ないと遠ざけなければならない本元を見たい、だけど見せないという心憎い演出かと。
前回は、お得意の薄暗さの種明かしをなさったようで、しかし一転変わった今回最後のカットにもその眼は覗えます。
昨今のカメラの露出計、そして高感度への耐性も、暗い感じを如何に示すかの基準に沿って活かさなければ、できあがるイメージは常に昼間と同じ。
何時もそのことを明示して下さっています。
Commented by a-path at 2012-09-15 11:52
yy2828yyさん、こんにちは。 
1枚目は実際、寄っても何か分かりませんでした(笑)
葉が2枚目のものに似ているので、違う品種のやはり大豆でしょうか。
2枚目は収穫物が見えていましたので、こうした対策が必要なのでしょうね。
前回の最後は、実は今回に続いているのですが、最近のカメラは暗所で撮っても同じように撮れますからね…
薄暗い中で見る風景には惹かれるものがありますが(蕎麦畑、素晴らしかったです)、雰囲気を捉えるのは難しいと改めて思いました。
今回の最後のカットの木陰は、この中信のフィールドに来るたびにカメラを向けていますが、視覚的にも涼しさとちょっとした闇の感じが伝わればと思っていました。
ありがとうございます。
<< 一年ぶりの 山村逍遥 >>