梅の頃

f0175998_23455535.jpg






f0175998_23462597.jpg



f0175998_23472892.jpg

 梅がようやく見頃に近付いてきたかな、というあたりだったこの日(4日)… 
 まだ何日も経っていないような感覚なので、桜開花のニュースになおさら違和感を覚える。
by a-path | 2013-03-17 00:15 | R-D1s | Comments(2)
Commented by yy2828yy at 2013-03-18 08:06
おはようございます。
仰る通りで、私が昨日撮った場所の道路を渡った側には梅が咲いておりました。
花に罪はないですが、そもそも私にとっての梅は苦難の時期を告げる招かざる使者のようなもの。
それがまだ腰を上げないうちの波状攻撃には心折れそうになります。

斯様に私の周りの梅は撮っても暖かさを隠すことすらできません。
しかし、こちらで拝見するのは、まだピリッとした空気感があるようで、聊かなりともホッとさせられます。
花よりも枝...殆ど黒に落ちた様によって画面に引き込まれ、しばし時の経つのを忘れるようです。
Commented by a-path at 2013-03-18 23:11
yy2828yyさん、ありがとうございます。
この日は気温が低めで、夕刻に近くなりさらに冷えてきた頃には梅の周りの人々もほとんどいなくなりました。
その辺りの少し翳りのある姿にカメラを向けました。
そうですね、枝を生かすための花になっていればよいですが。

今年は強風が畑の土をさらうように吹き、時折たたき付けるように降りかかってくる状況に何度も遭っています。
しかもそれが何とも中途半端な生暖かい温度だったりするのでたまりません。
春を告げる花の季節が、年々気の重い季節になっていくようです。
<< 晴天 映すもの >>