2016年 05月 08日 ( 1 )

ラ・フォル・ジュルネ

5日のこと、東京国際フォーラムに出かけてきた。
6年ぶりに聴くラ・フォル・ジュルネ。
聴きものは色々あり、それぞれ楽しめたが、最後に聴いたユーリ・ファヴォリンという若手ピアニストによるケックランの「ペルシャの時」というピアノ曲集が特に良かった。


More
by a-path | 2016-05-08 20:46 | 音楽 | Comments(0)