静かな時

f0175998_18312659.jpg


More
# by a-path | 2008-09-16 23:09 | E-410 | Comments(2)

御岳山にて (続き)

f0175998_21424255.jpg

 ケーブルカーの橋梁・橋脚部分に何となく惹かれて。

More
# by a-path | 2008-09-15 10:27 | E-410 | Comments(0)

御岳山にて

f0175998_21411294.jpg


More
# by a-path | 2008-09-14 08:48 | E-410 | Comments(0)

季節の狭間

f0175998_0313928.jpg

 今週は関東では大分天候が落ち着いてきた感じだが、一度もシャッターを切れず。
 これは先週の1枚。 降りそうで降らない日が何日かあった、その中の1日。

 
 明日は出かけねば。
# by a-path | 2008-09-12 23:48 | R-D1s | Comments(0)

ある日の夕景 Ⅱ

f0175998_20471761.jpg



f0175998_1935070.jpg


あと2枚。
# by a-path | 2008-09-07 19:37 | R-D1s | Comments(4)

ある日の夕景

f0175998_20515212.jpg


More
# by a-path | 2008-09-06 21:06 | R-D1s | Comments(0)

新譜

 ジャン=マルク・フィリップス=ヴァルジャベディアンのヴァイオリン、クサヴィエ・フィリップスのチェロ、エマニュエル・シュトロッセのピアノによるラヴェル作品集(ワーナー・クラシックス)。
 チェリストもピアニストもすばらしいが、ヴァイオリニスト、フィリップス=ヴァルジャベディアンが目立っている。一般的にはトリオ・ヴァンダラーのヴァイオリニストとして知られるが、同トリオのチェリスト、ラファエル・ピドゥー同様、リサイタリストとしても聴きたい人だ。リサイタルをやっているかどうかは知らないが。
 ヴァイオリンとチェロの二重奏ソナタ、有名な2曲のヴァイオリンソナタなど、それぞれに見事な演奏だ。
 
 ジャン=ギアン・ケラスのチェロ、アレクサンドル・タローのピアノによるドビュッシーとプーランクのソナタ、その他(ハルモニア・ムンディ・フランス)。
 実演を聴いていないので想像だが、ケラスというチェリストはいつからか演奏家が忘れてしまった即興性を深い所で身につけていると思う。このCDを聴くとそんな気がする。ドビュッシーのチェロソナタなどちょっと上手すぎるところがあるとはいえ、楽しめる演奏だ。

f0175998_131881.jpg

# by a-path | 2008-09-04 22:16 | 音楽 | Comments(0)

チケット

f0175998_22431360.jpg


 久々にコンサートのチケットを買った。
 1つは10月14日のヨハネス・モーザー チェロ・リサイタル(トッパンホール)
 もう1つは10月27日のレイフ・オーヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル(東京オペラシティ)

 コンサートはチケットを取った時点では当日の予定がはっきりしないことがほとんどなので、ついつい購入をためらってしまう。これではいけない(笑) 今回は両日ともおそらく大丈夫なので、今からとても楽しみ。

 ヤン・フォーグラーと並ぶドイツの名手、モーザーのブラームスの第1ソナタはCDでも聴いているが、実演で聴けるとは。 そしてアンスネス。予告されたプログラムのドビュッシーの前奏曲集が抜粋なのは残念だが、シューベルトとヤナーチェクも聴けるというのでは文句は言えない。


                                        
                                             R-D1s=CS25mmf4
# by a-path | 2008-09-02 20:54 | 音楽 | Comments(0)

もう少し… 鬼無里寸景

f0175998_23544862.jpg


More
# by a-path | 2008-08-30 22:44 | R-D1s | Comments(2)

田舎の三叉路

f0175998_2324292.jpg


More
# by a-path | 2008-08-28 23:07 | R-D1s | Comments(4)